英会話を独学で習得するために

独学で英会話はじめてみませんか?

洋書独学術

英語の本を読むと頭が痛くなる…。そんな方も多いとは思いますが、洋書を読むことで得られるものは非常に大きいです。

英文法、英単語。これらを辞書や参考書などを開くことなく覚えられる、洋書読書を是非あなたの英会話学習に取り入れてみてはいかがでしょう。そんな便利な洋書を使った、楽しくできるだけ楽な勉強法をご紹介していきます。

洋書を使った英会話の勉強法

洋書で英会話学習まず、英会話ができるようになるために「英文法の勉強は必要ない!」という話を聞いたことがある方も多いと思います。それなりの英文法の知識は英会話には必要不可欠でしょう。

英語を実際に話すときには、まず文法という枠組みがあって、その中に英単語というパズルのピースのようなものをはめ込んていくというような技術がどうしても必要となります。特に、何も考えずに英語がすらすらと口から出てくるという、英会話の上級者レベル以外の人には本当に必要なものと言えます。

これができなければ、英語で言いたいことをしっかりとした文章で伝えるということはまず不可能です。と、いうことでまず英文法は非常に大事なものであるということは覚えましょう。

どれ位効率が悪いかは、大学受験などを経験している人にとっては痛いほど身に染みていると思いますが・・。例え一年ほどこの勉強法で英文法の勉強を繰り返しても、満点近い数字を取る、もしくは完璧に理解するのは決して無理とは言えませんが、非常に苦労はするでしょう。それだけ苦労して勉強して、その成果があまりでないようではあまりにも悲しすぎますよね。

そこで、おすすめなのが、洋書を読むということです。洋書は当然英語を話す人によって書かれている本なので、文法的に見てみると完璧な文章が並んでいます。初めのうちは文章を読んでもちんぷんかんぷんだと言う人が殆どでしょう。

でも、分からないなりにともかく本を読み進めていると、不思議なことに何となくその文脈はつかめてきたりするのです。恐らく、本の選択さえ間違わなければ、例え一つ一つの文章の意味は分からなくても、その本に書いてあることは何となく分かったという人は多いはずです。

これは英文の推測という、英語学習にとっては非常に大事な技術の一つなのですが、洋書を沢山読むことによって、この推測の技術が自然と発達していきます。そして、そこからこの技術がまた発達していくと、推測から確固たる知識に変わっていくのです。

この洋書の読書を習慣づけると、常に完璧な英語を目にするということになるので、自然とその文法の知識は養われていきます。

この洋書を読むことをしっかり習慣にしていけば、長く見積もって1年程度でTOEICなどの英語のテスト文法問題などでは、満点近い数字を取ることができるでしょう。特に勉強などをする必要はありません。
ただちょっと寝る前に20分から30分程度英語の本をベッドの上で読むだけです。辞書なども特に用意する必要はないでしょう。

これは決して実行するのが難しいことではありませんが、多くの人が何故か避けて通る道です。その為、こんな簡単なことをしっかり実行するだけで、結構簡単に他の英語学習者よりも一歩先に進むことができたりするのです。洋書を読みとれる様になれば英語翻訳・通訳の仕事を目指している人も一歩前進します。

Valuable information

パワーストーンの天然石ビーズ

2017/11/24 更新